2008.09.12

津和野高校創立100周年記念事業盛大に開催される

 9月5日から7日の3日間、津和野高校創立100周年を記念して、式典やフォ―ラム、さだまさしコンサ-トなど様々なイベントが開催されました。100周年記念事業の式典には、津和野町長 中島巖様・島根県教育長 藤原義光様をはじめ多くの方々の来賓と在校生、また、同窓生などおよそ400人が集まるなか、盛大に模様されました。

 式典後にフォ―ラム「夢を叶える」と題して、経済界で活躍している同窓生を招き、在校生とのパネルディスカッションが行われました。諸先輩より夢を叶えた苦難の道のりなど自らの体験を交え後輩にエールが送られ、現役高校生からは、将来の夢に向って熱い思いをぶっつけていました。

 フォ―ラム終了後は祝賀会が開かれ、同窓生達はグラス片手に何十年ぶりかの再会に喜び、学生時代の思い出話や近況報告などしながら、初秋の夜を過ごしていました。

 7日には創立100周年を記念した「さだまさしコンサ-ト」が行われ、およそ900人が駆けつけて2時間30分のステ―ジに数々の名曲と軽快なト―クに満喫しました。津和野を舞台に作詞、作曲された「案山子」を歌っていることから、さださんと交流のある卒業生を通じてコンサ-トが実現しました。

 津和野高校も少子化の影響により、年々生徒数の減少が進んでいます。歴史ある灯りを消さないためにも、この式典をきっかけにさらなる飛躍を期待します。

img_8789.JPGimg_8862_.JPG

Comments are closed.