2021.09.29

益田、映画館「旧小野沢劇場」の復活で、圏域経済の循環を!

朝の目覚め、布団の中でおぼろげに携帯をまさぐり、Googleをクリックすると、

以下の記事が現れました。

益田市の旧小野沢劇場、映画館の復活を目指すご夫婦のクラウドファンディング・・・。

『「過疎」という言葉の生まれた街・島根県益田市に映画館を復活させ、広い世界への入り口を作りたい!』

あの小野沢の映画館か・・・、復活・・・?

なるほど!こりゃいい話だと読み進み、後日、わずかながらチャージさせていただきました。

 

今から約40年前、自分が大学生活を過ごした山口市には小さな映画館が2軒で3スクリーン、今のような山口近隣にシネコン3カ所で何十スクリーンといった状態ではありませんでした。よって、観たい映画が必ず上映されるということもなく、鑑賞機会ロスも多々ございました。

そんな折、益田市に小野沢劇場の他にもう1軒あった映画館「石見館」は、山口でもかからないセンスのいい映画が掛かることが結構ありました。

映画ファンというのは、観たい映画があれば、そこそこ遠方でも出かけます。

そこで大学の友人?と一緒にドライブ兼ねて益田まで遠出することも結構ありました。その折、ついでというのも何ですが、必ず津和野で観光をして時間を潰しておりました。(知ったかぶりで案内しながら・・・。)

今でも石見館の映画「Uボート」とR・カスダン監督の「白いドレスの女」、2本立てのお得感と満足感はハッキリ覚えています。

そうなんです!文化が盛り上がれば、人は集まります。今でもナイトドライブ気分で山口県の映画館にレイトショーに向かう我々夫婦にとって、お隣の益田市に映画館が復活すれば、当然近い益田市に行きます。大学時代の我々同様、山口からイケてる映画求めてきてくれる人もいるかもしれません。

そうなれば、食事もするし、津和野の観光やショッピングだって・・・。そう!新たな文化の接点が生まれ、他県に流れた経済が益田圏域で回ります。

現在、クラファン目標額600万円に対して、寄付金額、約350万円。全国から募金が集まってます。

もし、益田市に映画館が復活してほしい方いらっしゃいましたら、下記のWebサイトご覧いただき、ご支援、拡散ください。と、勝手に応援しています。

https://motion-gallery.net/projects/onozawacinema

 

時は来ました!

Comments are closed.