2021.09.10

今日はゆ~もあ「焼き鯖寿司の日」

 

img_1977-003.jpg

今日は津和野町枕瀬にある、きっさ&パブ「ゆ~もあ」さんの焼き鯖寿司の日です。商工会スタッフでみんなで注文しました。

脂のノッた焼き鯖と酢飯の間には大葉やガリが挟んであり、とっても美味しい一品です。お店の酒のおつまみとしても人気があります。

その昔、「七浦回って魚がなけりゃ、銭金もって津和野にござれ」と謂われるほど、日本海沿岸の各港の美味しい魚が津和野に集まっておりました。江戸時代、津和野藩は石州和紙の統制販売で、それほど潤っていた証です。なんたって山間の街に立派な魚市場があり、「魚町(うおちょう)」という通り名が残っているぐらいですから・・・。また津和野の鷺舞神事で供される御神酒の横に添えられる 「刺し鯖」は、今も儀式の中で守り続けられています。そんな時代から、鯖は庶民の味として根付いていたようです。
ちなみに我が家の愛猫は鯖柄の毛並みをしており、ちょっとフランスっぽく「サヴァ」という名前です。そういえば、先ごろ、フランスのお洒落な男優、ジャン・P・ベルモンドが亡くなりました。アニメのルパン三世はベルモンドのいたずらっぽいダンディなエッセンスが入ってると言われています。

あの年の邦画NO.1でもいい名作「ルパン三世 カリオストロの城」に登場するフィアット500のメカニックを描いたアニメーター、故大塚康夫さんは、なんと津和野町出身です。
今晩は大塚さんとベルモンドに、コニャックとはいかないので芋焼酎で杯を捧げつつ、サヴァに食べられないように、美味しくいただきますニャ~!

img_1603-002.jpg

Comments are closed.