2022.03.14

安野モヨコさんご夫妻、安野光雅先生、津和野町

いつも、津和野町の美しい風情を動画でFacebookにアップしてくれる本商工会の会員さん、石西産業㈱の通称「チバちゃん」こと千端将揮さん。先日は千端さんが動画撮影でも使い切っていらっしゃいますがドローンについて、本商工会工業部会主催の研修会講師をお願いしたところです。

そんな千端さんのFacebookを昨年、眺めておりますと、とても良い投稿(引用)を見つけました。

漫画家 安野モヨコさんが書かれた寄稿文「安野光雅先生に寄せて」についてです。

 

千端さんもビックリしたみたいですが、その投稿で私も初めて知ってびっくりしたことがあります。不勉強な故でしょうが、まず驚いたのが、漫画家 安野モヨコさんが映画監督 庵野秀明さんとご夫婦だったこと。さらに安野モヨコさんの安野(ペンネーム?)が津和野町出身の絵本作家、故安野光雅先生と縁があること。そして、信じられないぐらいびっくりしたのが、庵野秀明さんのお父様が津和野町出身だったことです。(庵野監督が山口県宇部ご出身ということは存じ上げておりましたが。)

こんな偶然(いや必然なのかも・・・)は、フィクションでも描けません。

 

寄稿文では安野光雅先生のこと、庵野秀明さんとお父様のこと語っておられ、読み進めますと胸に迫る想いで一杯になりました。これも千端さん同様、津和野町民の皆様にぜひご一読いただきたいものです。

個人的には庵野監督とお父様の病院のご様子、なぜか勝手に夕日の逆光に浮かぶシルエットが頭に浮かび、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のラストの宇部新川駅空撮がダブって、思わず涙ぐんでしまいました。

皆様、ぜひご一読ください。(以下、千端さんのFacebook経由で)

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=4403951986390346&id=100003267642799&m_entstream_source=timeline

 

合せて、千端さんのFacebookは美しい津和野町の風景・自然・生活が満載です。ぜひご覧ください。さらにびっくりなのが、なんと安野モヨコさんの講演会が4月2日(土)、津和野町 安野光雅美術館で行われます。

なんとも、幸せなことですね。教えてくれた、チバちゃんにも感謝。(以下、千端さんのFacebook経由で)

https://m.facebook.com/masaki.tiba?tsid=0.44257979307358525&source=result

2022.03.08

こんな時代だからこそ高津川。~交流サイトと映画~

久しぶりの投稿になります。

相変わらずのコロナ禍とウクライナにおける不条理な現状に日々接するごとに、自分に何ができるのか、我々を取り巻く世界において、今後、どのように生き抜いていけば良いのか・・・、常に問い続けられているような気がします。

とても、心躍るようなことを綴る気分にはなれませんが、顔を上げ、考え、手を動かし、足を動かし、前に進んでいかねばなりません。そして、何かが出来るのでは・・・、と思うこの頃です。

 

本商工会も構成団体になっておりますが、高津川沿い3つの市町が高津川とのかかわりを通じて、都市との交流を活性化していく「高津川流域都市交流協議会」という組織があります。同協議会が全国の皆さんとの交流サイト「となりの高津川さん」を開設しました。津和野町や商工会の情報もどんどんアップしていこうと思います。

ぜひ、会員登録や様々な情報の投稿をお願い致します。

〇となりの高津川さんサイト https://tonarinotakatsugawasan.jp/

 

それから、I・Uターンのご夫妻がクラウドファンディングも活用しながら、益田市に復活させた映画館「Shimne Cinema Onozawa」では現在、映画「高津川」上映中です。(映画「高津川」は3月27日まで)ぜひご覧ください。その他にも出雲を舞台としたアニメ映画「神在月のこども」なども上映中。(思い入れたっぷりの良いアニメでした!ローケーション監督?の舞台挨拶も聞けました。)

今後の上映予定では「老後の資金がありません」やアニメ「漁港の肉子ちゃん」などなど。個人的には伊藤沙莉の『ちょっと思い出しただけ』が楽しみ・・・。「ドライブ・マイ・カー」とかやってくれんかなぁ・・・。

全国的にも映画館でのコロナ感染症クラスター発生の事例はないようです。ぜひ!

Shimane Cinema Onozawaサイト https://onozawacinema.com/category/news/

2021.12.29

皆さま、来年こそ良いお年を!殿町イルミネーションスタート!

12月クリスマスイブから殿町の銀杏並木のイルミネーション点灯が始まりました。

江戸時代の風情を残す町並みに薄いゴールド系のライトが鯉の泳ぐ掘割に沿って、美しく輝きます。

夜、津和野町津和野庁舎側から本町通りを見渡せば、一直線になんとも美しい風景が広がります。

個人的にはスタイリッシュで何かSF映画にでも出てきそうな近未来性・神秘性すら感じます。

向こうの方からマトリックス、キアヌ・リーブスが歩いてきてもおかしくないような感じ・・・。

津和野太皷谷稲成神社初詣に合せ、ぜひご覧ください。

年末年始、多少は雪の心配がありそうですが、なんとか行けそうではと思っております。

どうか、足元をお気を付けの上、お越しくださいませ!

来るべき新年が皆様にとって、輝かしい年となりますように・・・、良いお年を!!

〇殿町イルミネーション

https://tsuwano-kanko.net/info/tonomachi-irumi/

〇初詣交通規制

https://tsuwano-kanko.net/info/2022inarijinja/

〇津和野町周辺道路状況(雪の状況等、ライブカメラ)

https://tsuwano-kanko.net/info/livecamera/

 cimg0517.JPG




 


2021.11.30

津和野芋煮と地酒の会、楽しかったなぁ~。

img_2073-3.JPG10月21日(日曜日)、津和野大橋横の稲成丁河川小公園にて、津和野の秋の風物詩「芋煮と地酒の会」が開催されました。

炙り鯛の骨で出汁をとり、津和野産の里芋と炙り鯛の身をほぐして、柚子の皮を添えた津和野独特の芋煮、日本三大芋煮として有名です。穏やかな小春日和の中、上品なお出汁ときめ細やかな里芋に多くの来場者が舌鼓を打ちました。また、地酒の振る舞いも行われ、町内3蔵元の地酒の飲み比べに、多くの観光客さんや地元の皆さんがトライ!

色づく紅葉と同じように頬も、ほんのりピンク色、芋煮と地酒を楽しんでいただきました。

我々も久々のイベント、もしかすると約2年ぶり?運動会テントを立てました。なまった身体はまだまだキレはないですが、「俺は西宮から・・。」、「私たちは福岡へ帰る途中・・。」と観光客さんと会話も弾み、心はほっこり、なんか楽しかったです。

用意された大鍋、約1000食は、なんとかSLやまぐち号でお越しになった皆さんにも食べていただけたようで、 一安心です。当日、道路反対側の鷺舞広場や養老館では、蚤の市も開催されて大盛況、周辺商店街では「お正月並みのお客様でした!」と喜ぶお土産業者さんもいました。

包友会、町商工観光課、町観光協会、町商工会、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

PS

11月12日(金曜日)、沙羅の木さんで本町1丁目の恒例、芋煮会もアルコール無しで行われました。本編の芋煮と地酒の会では、イベントに気を取られ、芋煮の物撮り忘れましたので、こちらの模様で芋煮自体の雰囲気、感じて下さい・・・。って、所詮は写真、ブログじゃ食べられませんけどね。

img_2056-2.JPGimg_2053-2.JPG

2021.11.08

SDGs的おでんのテイクアウト。キャンペーン展開中!

週末の夕方、若松屋さんのおでん、テイクアウトしました。

前日までに電話で注文、お鍋持参で受け取りに行きます。

牛すじ串も大きめっ!ロールキャベツだってあります。

個人的には玉子を温かなご飯の上で割って、辛子とおでんのお汁を少しかけて食べるの最高です。

(BS番組「一人キャンプ」のヒロシ曰く「おでんは大根じゃなくて、玉子が主役!」・・ 賛成です。)

それと若松屋さん直伝、春菊を買って帰って、そのままおでんにトッピング・・マストです。味が染みて美味しい~!

現在、津和野町ではコロナ感染症緊急経済対策「第2期テイクアウトキャンペーン」、12月26日まで展開中です。500円ごとにスタンプ1個、10個たまれば得々ドライブショッピング券1,000円分と交換します。詳しくは以下のアドレスを!

https://tsuwano-kanko.net/info/%e3%80%90%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%91%e3%81%a4%e3%82%8f%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e3%81%8b%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e9%a3%af%e3%80%80%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3/

お鍋持参のテイクアウト、これって、まさにSDGsです。地球に得々~です。

 img_2035-yoko4.jpg

2021.09.29

益田、映画館「旧小野沢劇場」の復活で、圏域経済の循環を!

朝の目覚め、布団の中でおぼろげに携帯をまさぐり、Googleをクリックすると、

以下の記事が現れました。

益田市の旧小野沢劇場、映画館の復活を目指すご夫婦のクラウドファンディング・・・。

『「過疎」という言葉の生まれた街・島根県益田市に映画館を復活させ、広い世界への入り口を作りたい!』

あの小野沢の映画館か・・・、復活・・・?

なるほど!こりゃいい話だと読み進み、後日、わずかながらチャージさせていただきました。

 

今から約40年前、自分が大学生活を過ごした山口市には小さな映画館が2軒で3スクリーン、今のような山口近隣にシネコン3カ所で何十スクリーンといった状態ではありませんでした。よって、観たい映画が必ず上映されるということもなく、鑑賞機会ロスも多々ございました。

そんな折、益田市に小野沢劇場の他にもう1軒あった映画館「石見館」は、山口でもかからないセンスのいい映画が掛かることが結構ありました。

映画ファンというのは、観たい映画があれば、そこそこ遠方でも出かけます。

そこで大学の友人?と一緒にドライブ兼ねて益田まで遠出することも結構ありました。その折、ついでというのも何ですが、必ず津和野で観光をして時間を潰しておりました。(知ったかぶりで案内しながら・・・。)

今でも石見館の映画「Uボート」とR・カスダン監督の「白いドレスの女」、2本立てのお得感と満足感はハッキリ覚えています。

そうなんです!文化が盛り上がれば、人は集まります。今でもナイトドライブ気分で山口県の映画館にレイトショーに向かう我々夫婦にとって、お隣の益田市に映画館が復活すれば、当然近い益田市に行きます。大学時代の我々同様、山口からイケてる映画求めてきてくれる人もいるかもしれません。

そうなれば、食事もするし、津和野の観光やショッピングだって・・・。そう!新たな文化の接点が生まれ、他県に流れた経済が益田圏域で回ります。

現在、クラファン目標額600万円に対して、寄付金額、約350万円。全国から募金が集まってます。

もし、益田市に映画館が復活してほしい方いらっしゃいましたら、下記のWebサイトご覧いただき、ご支援、拡散ください。と、勝手に応援しています。

https://motion-gallery.net/projects/onozawacinema

 

時は来ました!

2021.09.17

夏の終わりのフライド・グリーントマト

img_197902.JPG

我が家の畑、鳥獣害対策の檻、今サマーシーズンのお務めが終わりました。

ちなみに草を育てているわけではございません。(失笑)トマトやピーマン、なすびの夢の跡です。

山間地ではイノシシ、サル、ヌートリア、カラスなどなどの鳥獣被害から作物を守るための檻が必要で、その中で人間が作業します。もう映画「猿の惑星」のC・ヘストンやM・ウォルバーグです。

3棟目の檻は我が家最大規模約7m×8m 、5年以上畑で寝かした資材を一念発起、休日・夜なべで組み立てました。しかし単管やクランプなど資材費でトマトを買ったら、何百個買えるのでしょうか・・・。これはもう齢92、母の汗と兼業農家の意地とプライドをかけた戦いであります。

そんな農林水産物など、より付加価値をつけて販売するための新商品開発支援事業、津和野町ではコロナウイルス感染症緊急経済対策として実施中です。

〇新商品開発支援事業・・・人件費一部や試作用原料費、さらにはパッケージのブラッシュアップなど10/10補助で最大20万円の補助が出来ます。詳しくは下記のアドレスへ

◆津和野町コロナウイルス感染症緊急経済対策の概要について

http://www.tsuwano.net/www/contents/1585800618082/simple/0419.pdf

◆新商品会開発支援事業要綱

http://www.tsuwano.net/www/contents/1585800618082/simple/sinsyohin-yoko.pdf

〇レトルト製造機「達人窯」利用可能(コロナ同対策整備済み)・・・小ロットでも調理・加工可能。

〇エックス線異物探知機利用可能(コロナ同対策整備済み)・・・金属探知機よりも性能は上です。

以上を利用の上、日原の割烹「若松屋」さんが水質日本一、高津川の天然すっぽん鍋スープ、津和野の蔵元「華泉」さんが甘酒3種を販売するなど展開中です。 会員の皆さん、新商品開発のアイデアありましたら、商工会までお気軽にご相談ください!

檻の中で熟れぬまま青いトマトが残っています。

そういえば、米国アカデミー賞絡みの映画「フライド・グリーントマト」という映画、観ずに過ごして今だなぁ~と思い出しました。なんでも米国南部の青いトマトを使った料理にちなんだタイトルとか・・・。

あまり食べたくないけど 、どなたか、どんな料理か教えて教えてください~!

img_198602.JPG

2021.09.10

今日はゆ~もあ「焼き鯖寿司の日」

 

img_1977-003.jpg

今日は津和野町枕瀬にある、きっさ&パブ「ゆ~もあ」さんの焼き鯖寿司の日です。商工会スタッフでみんなで注文しました。

脂のノッた焼き鯖と酢飯の間には大葉やガリが挟んであり、とっても美味しい一品です。お店の酒のおつまみとしても人気があります。

その昔、「七浦回って魚がなけりゃ、銭金もって津和野にござれ」と謂われるほど、日本海沿岸の各港の美味しい魚が津和野に集まっておりました。江戸時代、津和野藩は石州和紙の統制販売で、それほど潤っていた証です。なんたって山間の街に立派な魚市場があり、「魚町(うおちょう)」という通り名が残っているぐらいですから・・・。また津和野の鷺舞神事で供される御神酒の横に添えられる 「刺し鯖」は、今も儀式の中で守り続けられています。そんな時代から、鯖は庶民の味として根付いていたようです。
ちなみに我が家の愛猫は鯖柄の毛並みをしており、ちょっとフランスっぽく「サヴァ」という名前です。そういえば、先ごろ、フランスのお洒落な男優、ジャン・P・ベルモンドが亡くなりました。アニメのルパン三世はベルモンドのいたずらっぽいダンディなエッセンスが入ってると言われています。

あの年の邦画NO.1でもいい名作「ルパン三世 カリオストロの城」に登場するフィアット500のメカニックを描いたアニメーター、故大塚康夫さんは、なんと津和野町出身です。
今晩は大塚さんとベルモンドに、コニャックとはいかないので芋焼酎で杯を捧げつつ、サヴァに食べられないように、美味しくいただきますニャ~!

img_1603-002.jpg

2021.07.29

鰻のかば焼き、テイクアウトでゲットです!

img_1921.JPG
土用の丑の日、明月旅館の鰻のかば焼きのテイクアウトしました。美味しそうでしょう!!

なんでも、土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、江戸時代、平賀源内が戦略的企画広告で確立したキャンペーンだったとか・・・、さっすが天下御免(by NHK 古~っ!)やりますよね~。

世界的にもっと凄いのは、英国のパンクバンド「セックスピストルズ」も、実は例の細身の洋服関連の企画ものだった!という衝撃の逸話をラジオで聞いて、オッたまげたことがあります。あんなラジカルで反体制的なバンドが企画ものだったなんて・・・、なんか少し興ざめでした。

まだまだ暑い日が続きます。鰻食べて、酷暑を乗り切りましょう!!

津和野町では現在、「津和野持ちかエール飯 テイクアウトキャンペーン」実施中です。

お弁当やオードブルなど昼ごはんや地域の集い等でテイクアウトすると 、500円ごとにつわみんスタンプ1個をゲット、スタンプ10個たまると1000円分の「得々ドライブショッピング券」と交換できます。残りわずかとなってきました。この機会に、ぜひともテイクアウトを!(キャンペーン加盟店のみ)

詳しくは、下記の一社)津和野町観光協会のHPでご覧ください。

https://tsuwano-kanko.net/

以上、先日は民宿みやけの鰻をテイクアウトして、「そんなに精つけてどうするん?」といぶかられる齢六十一の局長でした。

鷺舞神事が無事、終わりました。

210727鷺舞遠景

210727鷺舞近景

7月27日、鷺舞神事が終了しました。

国の重要無形民俗文化財「鷺舞神事」は毎年、7月20日・27日の両日、神幸祭・還幸祭として執り行われ、五穀豊穣や疫病鎮護を祈願するもので、約500年前から伝わっている神事です。

新型コロナウイルス感染予防のため、昨年に引き続き無観客で行われました。

津和野町商工会からは、警護役として堂々たる体格の長嶺指導員が参加しました。(本人は「悪代官」と言っておりますが・・・、写真の大きな背中、彼です。)

酷暑の中、弥栄神社の鷺舞保存会の皆様、大変お疲れ様でございました。皆様と共に、コロナウイルスの一刻も早い収束と、来年こそ、多くの皆様にご観覧いただけることを祈るのみです。

以上、鷺ならぬペリカンに顔が似ている局長でした。

2021.07.07

コロナワクチン接種1回目終わりました!

img_1870syou.jpg

引き続き、雨模様の津和野です。

島根県東部の大雨、落ち着いてくれることを祈るのみです。

週末にかけて、当地も警戒を怠らずに参りましょう。

午後一番で新型コロナワクチン接種1回目、終了しました。接種までは大変スムーズ、接種後の待機15分含め20分余りで終わりました。現時点ではあまり違和感ありません。

商工会スタッフも、日程を調整しながら交代で接種進めてます。昨日は31歳の女性スタッフも1回目終了、「インフルエンザワクチンの後よりは、少し痛い・・。しらんけど。」と元気そうです。

早目の接種に心がけ、安全に皆様をお迎えしたいと思います。

ちなみに津和野町の接種率は、7/2現在で65歳以上、1回目接種率93.9%、2回目接種88.3%とハイペース。65歳未満の接種も7/5から始まっており、日中、まだ空きがあるみたいです。町民の皆さん、早めに予約等、詳しくは津和野町HPで確認もしくは町役場までお問い合わせください。

さすがに今晩は、美味しい津和野の地酒も控えようかと思います・・・知らんけど。冗談です・・控えます。

〇津和野の地酒・蔵元

https://tsuwano-kanko.net/category/buy/zizake/

局長 拝

PS

雨上がり、蒸し暑い中、接種を終えて帰る道すがら 、メンソール感漂う「スタイルカウンシルズ」を聞いて、清涼感感じたくなりました。生ビールが・・・控えます。